名前
矢口 貴志 / ヤグチ タカシ 研究者情報
部署
千葉大学 真菌医学研究センター
職名
准教授
キーワード
真菌、Fungi、分類、Taxonomy、形態学、Morphology、系統分類学、Phylogenetic、Systematicus
関連ウェブサイト
真菌医学研究センター
所属学会情報
  • 米国菌学会
  • 日本医真菌学会
  • 日本菌学会
報道出演関連
・掲載一覧
/その他

【メディア出演】
<テレビ>

 

<ラジオ>

  • 2024年6月21日 NHKラジオ 「健康ライフ」 『徹底研究! カビ対策 全5回
  • 2024年5月12日 エフエムみしま・かんなみ 「Voice Cue」 『真菌って何?酵母もキノコもカビも全部真菌?病気の原因にも?』
  • 2021年6月16日 RKB毎日放送ラジオ 「櫻井浩二インサイト」 『朝から濃いバナ~濃い話~』

 

<新聞>

  • 2023年1月4日 神戸新聞 朝刊 『かび生えた餅やみかん 食べないで!菌糸 見えない場所にも』
  • 2022年3月9日 朝日新聞 朝刊 『第五福竜丸船員のカビ、医学真菌学の転機 「侵襲性肺アスペルギルス症」国内最初の症例』
  • 2020年7月14日 東奥日報 『栄養源断ち、カビ防げ 高温高湿続く梅雨シーズン ほこりや皮膚片 除去を』
  • 2020年6月22日 信濃毎日新聞 朝刊 『梅雨のカビ防ぐこつは「栄養源」隅々まで取り除いて ゴムパッキン、強くこすると×』
  • 2020年6月22日 四国新聞 朝刊 『換気や掃除徹底を 梅雨時のカビ対策 台所とエアコン要注意』
  • 2020年6月19日 中国新聞 セレクト 『高温高湿のシーズン到来 防カビ 栄養源断とう 換気や掃除 徹底を/台所・エアコン注意』

 

<web記事>

 

<プレスリリース>

 

【書籍等】

  • 矢口貴志著、野本明男監修 『【 微生物図鑑 】培養・同定と汚染制御 Vol.1 真菌』 サイエンス&テクノロジー 2014
  • 矢口貴志著 「7章 微生物の培養及び同定法 真菌」 村上大吉郎、蓜島由二、矢口貴志他著 『PIC/S GMPに基づく微生物学的品質管理レベルと3極局方の規格設定/試験法・バリデーション』 サイエンス&テクノロジー 2021
  • 矢口貴志著 「アスペルギルス・ニガー」 日本菌学会編著 『日本菌類百選』 八坂書房 2020
  • 矢口貴志著 「不整子嚢菌類の子嚢果,子嚢胞子」 日本菌学会編 『驚きの菌ワールド 菌類の知られざる世界』 東海大学出版部 2017
  • 矢口貴志、西村和子著 「4章 真菌類: ヒトの病原」 日本菌学会企画、柿嶌 眞、徳増 征二 責任編集 『菌類の生物学 分類・系統・生態・環境・利用』 共立出版 2014
  • 矢口貴志著 「1章 真菌の新分類」 亀井克彦編 『目で見る真菌と真菌症』 医薬ジャーナル社 2014
  • 他、20冊

 

【受賞歴】

  • 2022年 日本医真菌学会賞 日本医真菌学会
  • 2018年 日本微生物資源学会賞 日本微生物資源学会
  • 2016年 日本菌学会賞 日本菌学会
  • 2009年 日本医真菌学会奨励賞 日本医真菌学会
  • 1996年 日本菌学会菌学研究奨励賞 日本菌学会

 

【特許】

  • 特開03-035796 『環状デプシぺプチド物質およびその製造法、ならびにそれを含む駆虫剤』 1991
  • 国際公開番号WO1998/41503『生理活性物質PF1191物質およびその製造法』 1998
  • 国際公開番号WO2000/24879『エンドグルカナーゼ酵素およびそれを含んでなるセルラーゼ調製物』 2000
  • 国際公開番号WO2001/081612『ソヤサポゲノールBの製造法および新規微生物』 2001
  • 国際公開番号WO2002/101053『サポニン分解酵素、その遺伝子およびソヤサポゲノールBの大量生産系』 2002
  • 国際公開番号WO2009/145279『耐熱性菌類の検出方法』 2009
  • 国際公開番号WO2009/145314『パエシロマイセス バリオティの検出法』 2009
  • 国際公開番号WO2010/055868 A1『ゲオスミチア (Geosmithia) 属に属する菌類の検出方法』 2010
  • 他、50件

矢口 貴志 准教授 の記事 / プレスリリース

このページのトップへ戻ります